キャッシング審査

キャッシング審査に通らない理由は?

キャッシング審査に通らない理由には、どんなものがあるのでしょうか。キャッシングに申し込んで、審査に通らなかった時には焦ったり落ち込んでしまったりするものです。

 

しかし冷静に審査に通らない理由を考えてみないと、再申し込みをしても同じ結果になってしまうかもしれません。否決の原因をきちんと知ることは大切です。

 

 

審査に通らなかった理由として、収入の少なさを気にする方は多いでしょう。

しかし、収入額に応じた限度額設定が可能なキャッシングがほとんどです。収入が少ない場合は、それに応じて限度額を低くすればよいわけですね。

 

消費者金融の場合は、限度額はどんなに多くても年収の3分の1までの設定となります。金融機関側も、貸し付けできる場合は可能な限度額を伝えることがあり、否決と即決されないケースが多いでしょう。

 

キャッシング審査が否決になる理由として、延滞履歴もあるでしょう。

延滞履歴とは、返済に遅れてしまった記録が信用情報機関に残っているものです。信用情報機関は、各金融機関が情報を共有しているものです。他のキャッシングなどを利用して起こった延滞も別の金融機関はわかります。

 

延滞をしている申し込み者は、また同じことをすると考えられてしまい、審査に通りません。

 

他にも勤続年数が短い場合も、収入が安定していないと審査で判断されることが多いですね。

通らない理由は、一つだけではなくいくつか複合していることもあります。また、審査落ちの場合どれほど金融機関に問い合わせをしても、その理由は教えてもらえません。自分で改善してから、再度申し込みをするしかないのです。

 

キャッシング審査はこう行われている

キャッシングの審査がどう行われているか、気になりますね。見えないものですし、審査の間申し込み者は待つしかありません。もちろん金融機関によって、審査に違いは多少あるものの、おおよその流れは同じと考えてよいでしょう。

 

まず、申し込み者の属性と、ローン利用履歴を審査していくことになります。

申し込みをした段階では、仮審査と呼ばれる審査が行われ、可決になった方が本審査へと進むステップがほとんどです。今キャッシング審査にかかる時間はとても短いものが多いですね。それは、この仮審査を機械的にスコアリングすることで可能になっていいます。

 

スコアリングとは属性を点数化していき、金融機関が決めている基準の点数を超えているとクリアになります。
点数が高いのは、信用度があり確実に返済が望める方ということでしょう。本審査は個別に行いますので、仮審査で可決になった場合も、本審査は否決になってしまうことがあります。

 

仮審査の段階で、限度額や金利なども決定されます。

この時、金融機関から連絡が入り、合意し借入の意志があることが明らかになると、本審査へ進むキャッシングがほとんどです。限度額や金利が希望していたものと違った場合は、申し込みを取りやめる方もいるでしょう。

 

また、他のキャッシングと同時申し込みをしていて、最終的にそちらを利用することを決めるケースもあるはずです。そのため、申し込み者の意志確認がなされます。

 

キャッシングの審査はとてもスムーズに進みます。それでも、借りたいと思っている時には長く感じるかもしれません。申し込み者は、行われることがある程度わかっていると、不安の解消につながるでしょう。

 

キャッシング審査と他のローン審査の違い

 

キャッシング審査は、住宅ローンなどの担保や保証人が必要なローンの審査と、どんな違いがあるのでしょうか。

 

キャッシング審査は、他のローン審査に比べると難易度が低いと考えられていることが多いですね。しかし実際には、住宅ローンのように担保は必要だけれど、購入(建築)予定のものが担保になる場合は、一概に通りにくいといえないものです。逆にキャッシング審査は、申し込む方自身の属性やローン履歴のみで行われるので、少しでも返済に疑問を持たれると否決に直結してしまうかもしれません。

 

もちろん申し込み条件の点からも、ローンで利用する額が大きくなるほど、審査の厳しさは増えるといってもよいでしょう。そのため、限度額を自分の希望で低めの設定にできるキャッシングのほうが、一般的に通りやすいと考えられているわけです。

 

キャッシングを利用していると住宅ローン審査に通りにくい、また逆に住宅ローン利用中にキャッシング審査に申し込んでも否決になりやすいといったことがよく言われています。借入額が大きくなることで、月々の収入と返済のバランスがとれなくなると、審査は当然否決になりやすいでしょう。

 

ただ、キャッシングを利用していてもきちんと返済している履歴が残っていれば、必ずしもマイナスばかりに働くわけではありません。銀行では住宅ローンとキャッシング可能なカードローンの併用で、金利優遇サービスを行っていることもあります。

 

もちろんどのローンやキャッシングも、審査基準は公表されていません。比較することは難しいのです。申し込みする方は、返済額をシミュレーションの上、借入額を決定するようにしましょう。

 

審査に通るテクニックを使う時の注意点

キャッシングの審査に通るテクニックや、必勝法が書かれているサイトもありますね。審査に通りやすくなる方法なら、色々試してみたいと思いますが、注意しておきたい点もあります。

 

審査には他社借入は大きく関係します。そのため、借入件数や借入額を少なく書いてしまう方がいます。しかし、これはまったく逆効果にしかなりません。キャッシングやローン等の利用状況は、金融機関は必ず個人信用情報機関に照会します。特に貸金業法改正以降、総量規制を厳密に守る必要があるため、金融機関は申し込み者のローン利用状況を知らないわけにはいきません。

 

そのため、適当に借入額や借入件数を書くことは、返って信用を失う原因になってしまいます。通るためにしたことが、余計に審査に通らない結果を生みだすかもしれません。担保や保証人のないキャッシングでは、申し込み者の信用度の高さはとても重要になるのです。

 

他にも審査に通りやすいのは、勤続年数が長い方ということで、実際よりも長く書いてしまうことがあります。在籍確認では、実際に勤めているかどうかの確認は行いますが、もちろん勤続年数など細かい点まで問い合わせるわけではありません。しかし年齢やお給料などの点から、不自然な点があるとそれもわかってしまうでしょう。

 

審査に通ろうと思ってしたことが虚偽とみなされると、信用できない人物つまり返済しないであろう人物と判断される可能性があります。

 

通りたいと願う気持ちはあっても、正直に申告することを忘れないようにしましょう。